beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川島が遠藤が…レーザー光線による妨害で抗議文提出

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.26 W杯アジア最終予選 ヨルダン2-1日本 アンマン]

 日本サッカー協会はヨルダン戦の試合中に受けたレーザーポインターによる妨害に関し、アジアサッカー連盟(AFC)に抗議文を提出する方針を明らかにし、試合直後にマッチコミッショナーに提出した。

 日本の守備時のFKではGK川島永嗣の目に緑の光が照射され、後半26分のMF遠藤保仁のPKの場面でも、遠藤の目元に緑色の光線が当てられていた。こうしたプレー以外でも日本の選手にたびたび緑色のレーザーが照射されている場面があった。

 日本協会の大仁邦弥会長は試合後、報道陣の取材に「抗議文を出すようにする」と答えた。試合内容については「ミスが多くてあまりよくなかった。引き分けでもいいというのも影響したかもしれない」とコメントした。

 W杯出場決定は6月4日のオーストラリア戦(埼玉)以降に持ち越しとなったが、「このグループでは断然優位にいる。あまり気負ったりせず、日本で決めるという思いでやってくれれば」と、史上初となるホームゲームでのW杯出場決定に期待していた。

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
ブラジルW杯アジア最終予選特集


TOP