beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川は3-4-3に手ごたえも「いい形が作れていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.30 キリンチャレンジ杯 日本0-2ブルガリア 豊田]

 30日に行われたキリンチャレンジ杯のブルガリア代表戦で日本代表は0-2で敗れた。前半3分にFKを直接決められ失点した日本は、後半26分にもセットプレーからMF長谷部誠のオウンゴールによって失点。来月4日のW杯最終予選・オーストラリア戦に向け不安を残した。

 スタートから3-4-3のシステムを採用したこの日のザックジャパン。前半3分にセットプレーから失点したが、厚みのある攻撃で、ブルガリアゴールに迫る場面も作った。MF香川真司も「前半はいい形が作れていた場面もあった」と手ごたえを口にした。ただ勢いをつけたかった前哨戦を無得点で終えてしまったことも事実。「結果として負けたことが悔しい。いい形が作れても、ゴールが取れないと意味がない。やっぱり最終予選はゴールが必要になってくると思う」と唇を噛んだ。


TOP