beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本で検査を受けた内田、手術回避が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャルケは15日、右太腿裏肉離れで離脱したDF内田篤人が手術を回避することになったと発表した。クラブの公式Twitterで明らかにした。

 9日のハノーファー戦で右太腿を負傷した内田は精密検査のため日本に帰国。シャルケのイェンス・ケラー監督は13日の記者会見で「手術が必要な可能性もある」と、日本での検査結果次第で手術を受ける可能性も示唆していたが、最悪のケースは回避できた形だ。

 日本とシャルケのドクター間で情報を交換し、手術をせずに治療に努めることになった内田。ただ、最短でも数週間程度の離脱は避けられず、今月26日に行われる欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦のレアル・マドリー戦、来月5日のニュージーランド戦は欠場する見通しだ。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2013-14特集


TOP