beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ハーフナー、14年初ゴール!!フィテッセは逆転勝利で6試合ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.23 エールディビジ第25節 フィテッセ3-1RKC]

 エールディビジは23日、第25節3日目を行い、FWハーフナー・マイクの所属するフィテッセはホームでRKCと対戦し、3-1で勝利した。ハーフナーは、0-1で迎えた後半10分に今季6点目となる同点ゴールを挙げ、勝利に大きく貢献。同44分までプレーした。

 直近3試合が無得点に終わり、攻撃陣が不調のフィテッセ。この日もラストパスで精度を欠き、シュートまでうまく持ち込むことができない。すると、前半14分にカウンター受け、先制点を許してしまう。その直後、フィテッセは左サイドの高い位置でボールを奪い、決定機を迎えるがMFバートランド・トラオレの左足シュートはGKの好セーブに阻まれた。

 0-1で前半を折り返したフィテッセだったが、後半10分にハーフナーの左足がゲームの流れを変える。左サイドでボールを受けたDFサム・ハッチソンがクロスを上げると、ゴール前に走りこんだハーフナーが倒れ込みながら左足で合わせ、1-1。試合を振り出しに戻した。

 ハーフナーの2014年初ゴールで勢いに乗るフィテッセは、後半12分にMFワレリー・カザイシュビリがゴールを決め、2-1。逆転に成功すると、同23分、FWレナト・イバーラのシュートはDFにブロックされるが、こぼれ球に反応したFWクリスティアン・アツが左足ダイレクトでゴールに流し込み、3-1とリードを広げた。

 その後もフィテッセが試合の主導権を握るが、追加点は生まれず、3-1で試合終了。フィテッセが6試合ぶりの白星を挙げ、暫定3位に浮上した。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド

TOP