beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「女ロナウジーニョ」こと山本が選手兼コーチとして日本復帰

このエントリーをはてなブックマークに追加
 なでしこジャパンの一員として04年アテネ五輪に出場したMF山本絵美が、関東2部リーグに所属する横浜FCシーガルズに選手兼コーチとして加入した。

 かつてTASAKIペルーレでプレーしていた山本だが、チームは08年限りで休部となりプレーの場が失われた。しかし、その後は海外に活躍の場を求め、アメリカの複数クラブでプレーを続けると12年12月にイタリアのナポリに加入。すると加入後の12試合で6ゴールを挙げる活躍を見せて、わずか3カ月間のプレーでリーグ最優秀選手賞に相当する「アーリ・デッラ・ビットーリア(勝利の翼)」を受賞した。

 山本自身がFWロナウジーニョのファンだけでなく、高い技術を駆使したプレースタイルや風貌から「女ロナウジーニョ」の異名がつけられたこともある。32歳を迎えた元なでしこ選手は、約6年振りとなる国内でのプレーに「頑張ります」とのコメントをクラブ公式HPで残している。


TOP