beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

制裁内容決定…浦和はJ初の無観客試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグの村井満チェアマンは13日、今月8日に埼玉スタジアムで行われた浦和レッズ対鳥栖の試合において、差別的な内容の横断幕が掲出されたことに対して、裁定委員会からの答申を踏まえ、けん責処分及び、23日のホーム清水戦(埼玉)を無観客試合とする制裁内容を発表した。無観客試合はJリーグでは初となる厳罰。史上最も重い処分を受けることが決まった。

 制裁理由については「浦和はスタジアム内において不適切な内容が書かれた横断幕が掲出されていたにもかかわらず、試合終了後まで当該横断幕を撤去できなかった。当該横断幕の記載内容は『JAPANESE ONLY』であり、差別的表現と受け止めた方もいることから、その掲出意図に関わらず、差別的内容と判断できる」とし、「浦和は2010年にサポーターが本件と類似したトラブルを起こしたことによって、制裁を受けており、本件は累犯となる。また、2010年に制裁を受けた事実以外にも、浦和サポーターはこれまでも度々トラブルを起こしている。浦和は過去にサポータートラブルの件でJリーグから再三の制裁を科されているにも関わらず、本件のような結果に至った責任は重大である」と説明している。



TOP