beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮が2試合連続4得点!!得点力不足仙台は公式戦4連続無得点

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.23 J1第4節 大宮4-0仙台 NACK]

 大宮アルディージャがホームでベガルタ仙台に4-0で大勝した。大宮は2試合連続4得点で2連勝。ホームでは初勝利。J1ホーム通算50勝目を挙げた。対する仙台は開幕から勝利なしの3敗目を喫した。

 今季初勝利となった前節の川崎F戦で爆発した大宮の攻撃陣がこの日も大爆発した。先制は前半1分、キックオフからのボールを一度も切らさず繋ぐと、MF家長昭博のアーリークロスをMF渡邉大剛が左足ダイレクトで蹴り込む。DF菅井直樹がカバーに入るが、かき出し切れず、ボールはゴールラインを越えていった。

 追加点は前半終了間際のアディショナルタイム1分、カウンターからFWラドンチッチの縦パスを受けたFWズラタンが前線のスペースに流す。オーバーラップして走り込んだDF今井智基がGKとの1対1を冷静に制して加点。理想的な展開で、前半を折り返した。

 後半に入っても勢いは衰えない。12分、MF家長昭博がエリア内でDF二見宏志に倒されPKを獲得。これを自ら沈め、2試合連続ゴールを決めると、その3分後には渡邉の浮き球パスで裏に抜け出した家長が、落ち着いてゴールネットを揺らし、勝利を決定づけた。

 対する仙台はこれで通算1分3敗。特に得点力不足は深刻で、今季の得点は開幕戦で新潟相手にMF富田晋伍が挙げた1点のみ。19日に行ったナビスコ杯も含めると、公式戦4試合連続の無得点で終えることになった。


▼関連リンク
[J1]第4節スコア速報


TOP