beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バイエルン19連勝で連覇達成!!7試合残して史上最速V

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.25 ブンデスリーガ第27節 ヘルタ・ベルリン1-3バイエルン]

 ブンデスリーガは25日、第27節1日目を行い、バイエルンが7試合を残して2シーズン連続24回目の優勝を決めた。敵地でMF細貝萌の所属するヘルタ・ベルリンに3-1で勝利。ブンデスリーガ記録を更新する19連勝を飾り、昨季から続くリーグ戦不敗記録も52試合(46勝6分)に伸ばした。3月中の優勝決定はブンデスリーガ史上初めて。6試合を残して優勝を決めた昨季の記録を上回る史上最速Vとなった。

 勝てば自力優勝が決まるバイエルンは前半6分にMFトニ・クロースのゴールで幸先よく先制すると、同14分にもMFバスティアン・シュバインシュタイガーの右クロスからMFマリオ・ゲッツェがヘディングで追加点。その後も終始、試合の主導権を握った。後半21分、FWアドリアン・ラモスのPKで1点を返されたが、同34分、カウンターからゲッツェがドリブルで中央を突破。ラストパスを受けたMFフランク・リベリの技ありループで3-1と突き放し、勝利、そして優勝を決定づけた。

 今季から就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下、ユップ・ハインケス前監督が率いて記録尽くめのリーグ制覇を果たした昨季をさらに上回るペースで勝ち点を積み上げている。昨季の第28節を超える第27節での史上最速優勝を決めたが、今後はブンデスリーガ史上初の無敗優勝を達成できるかどうかに焦点が移る。残り7試合も無敗で終えることができれば、連続不敗記録は59試合に伸び、欧州5大リーグで歴代最多記録を持つミランの58試合(91~93年)を上回る新記録樹立となる。

 ブンデスリーガにおいても、さまざまなリーグ記録をさらに塗り替える可能性がある。最多勝ち点(昨季:91点/今季:77点)、2位との最多勝ち点差(昨季:25点差/今季:25点差)、最多勝利数(昨季:29勝/今季:25勝)、最少失点数(昨季:18失点/今季:13失点)、最多得失点差(昨季:+80/今季:+66)など、昨季、数多くの記録を打ち立てたが、残り7試合の結果次第ではいずれも更新可能だ。欧州CLは準々決勝、DFBポカール(ドイツ国内杯)は準決勝まで勝ち残っており、2シーズン連続の3冠も現実的な目標として存在している。


▼関連リンク
ブンデスリーガ2013-14特集
欧州組完全ガイド


TOP