beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

清武、先制アシスト!5試合ぶり勝利で降格圏脱出

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.26 ブンデスリーガ第27節 ニュルンベルク2-0シュツットガルト]

 ブンデスリーガは26日、第27節2日目を行い、MF清武弘嗣の所属する17位ニュルンベルクはホームでDF酒井高徳の所属する15位シュツットガルトと対戦し、2-0で快勝した。2試合ぶりにフル出場した清武は前半43分に先制点をアシスト。連敗を4で止める5試合ぶりの勝利に貢献し、チームも順位を3つ上げて14位に浮上した。酒井は左SBで先発したが、後半24分に交代。チームも4試合ぶりの黒星で自動降格圏の17位に転落した。負傷離脱中のMF長谷部誠は欠場している。

 勝ち点1差で迎えた残留争い直接対決は、ハッキリと明暗が分かれた。ニュルンベルクは前半43分、縦パスを受けたFWヨシップ・ドルミッチが清武に落とし、素早く前を向いたドルミッチに清武からリターンパス。ドリブルで中央を駆け上がるドルミッチはキックフェイントで対峙した酒井をかわし、そのまま右足でゴール左隅に流し込んだ。

 清武の9試合ぶりとなる今季6アシスト目で先制したニュルンベルクは後半9分にもMFマルクス・フォイルナーの右サイドからのアーリークロスにドルミッチが走り込み、右足で追加点。同20分にもMFホセ・カンパーニャのスルーパスからドルミッチが決定機を迎えるなど、シュツットガルトを押し込んだ。

 シュツットガルトは後半開始から2人を交代するなど積極的に動いたが、流れを変えられない。後半24分には酒井も途中交代。同32分、ロングフィードをFWベダド・イビセビッチが落とし、MFアレクサンドル・マキシムが決定的なシュートを放つが、GKの好セーブに阻まれ、1点が遠かった。

 今季ワーストの4連敗で17位に後退していたニュルンベルクだが、5試合ぶりの白星でフライブルク、ハンブルガーSV、シュツットガルトを抜いて一気に14位に浮上。1節で降格圏を脱出した。一方、前節のハンブルガーSV戦(1-0)で11試合ぶりの勝利を挙げ、17位から15位に順位を上げたシュツットガルトだったが、再び降格圏に転落。とはいえ、依然、14位ニュルンベルクから17位シュツットガルトまで4チームが勝ち点2差にひしめくなど、熾烈な残留争いはシーズン終盤まで続きそうだ。


▼関連リンク
ブンデスリーガ2013-14特集
欧州組完全ガイド


TOP