beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

また塩谷弾、野津田も決めた広島が完勝、徳島はJ1初得点も開幕5連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.29 J1第5節 広島3-1徳島 Eスタ]

 サンフレッチェ広島がホームで徳島ヴォルティスを3-1で下し、リーグ戦では3戦ぶりの勝利を飾った。徳島は無得点こそ止まったが、泥沼開幕5連敗。突破口が見いだせない。

 慎重な入りを見せた広島だが、時間が経つにつれ、徐々に本領を発揮しだす。

 すると前半44分、MF高萩洋次郎の突破が徳島DFのハンドを誘い、ゴール正面の位置でFKを獲得する。これをDF塩谷司が蹴るタイミングを図ったFKで狙うと、GK松井謙弥の逆を突く見事なゴールが決まった。塩谷は今季早くも3ゴール目。ACLも含めると5ゴール目。エース佐藤寿人も顔負けの量産ペースを刻んでいる。

 後半早々にも追加点は生まれる。後半4分、左サイドからのCKを獲得した広島は、ショートコーナーの折り返しを受けた高萩が大きなクロスを入れる。これにファーサイドから走り込んだFW石原直樹が打点の高いヘッドで合わせて、リードを広げる。「良いボールが来たので入れるだけでした」。石原は今季リーグ戦初ゴールとなった。

 トドメは後半21分、右サイドでFKを獲得した広島は、塩谷がヒールでチョンと出したボールをMF野津田岳人が直接蹴り込む。19歳MFの左足から放たれたシュートは、GKの手前でワンバウンドしてゴールポストを叩く。しかし勢いのままにボールは逆サイドネットに収まり、勝利を決定づける3点目を生み出した。野津田は今季リーグ戦初ゴールになった。

 だがついに徳島にも得点が生まれる。後半27分、エリア内でボールを受けたMF大崎淳矢がシュートを狙うと、FW高崎寛之の頭に当たりコースが変わる。これが見事枠内を捕え、開幕5戦目にして、徳島に待望のJ1初ゴールが生まれた。

▼関連リンク
[J1]第5節スコア速報


TOP