beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マタまた移籍? バルセロナが関心と報道

このエントリーをはてなブックマークに追加
 冬の移籍市場でチェルシーからマンチェスター・ユナイテッドに加入したばかりのスペイン代表MFフアン・マタが、再び移籍するかもしれない。1月にもマタの獲得に動いていたバルセロナが、赤い悪魔に移籍したばかりのアタッカーに関心を示しているという。

 スペイン紙『AS』は、アンドニ・スビサレタSDがマタを高く評価していることを紹介。さらに、ルイス・エンリケ新監督の戦術にも適応する人材とみなされているという。バルセロナは、FWペドロ、MFアレクシス・サンチェスを放出する見込みであり、その穴埋めにマタをリストアップしているという。

 一方、ユナイテッドでも、クラブに補強リストを提出したというルイス・ファン・ハール新監督の下では、戦力と計算されているかが不透明。さらに、マタ自身にとっても、バルセロナに移籍すれば、欧州CLに出場できるというメリットがある。

 果たしてマタは、母国スペインに活躍の場を移すことになるのだろうか。

▼関連リンク
プレミアリーグ2013-14特集
リーガ・エスパニョーラ2013-14特集


TOP