beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国崩壊4失点…アルジェリアは32年ぶりW杯勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.22 ブラジルW杯H組 韓国2-4アルジェリア ポルトアレグレ]

 ブラジルW杯は22日、大会11日目を迎えた。H組のアルジェリア代表韓国代表を4-2で下し、今大会初勝利を挙げた。アルジェリアのW杯での勝利は32年ぶり。初の決勝トーナメント進出へ向け、前進した。

 同組のベルギーが直前の試合で2連勝を決め、早々にグループリーグ一抜けを決めた。その結果、アルジェリアはこのゲームを落とせば、その時点でグループリーグ敗退が決定する一戦となった。アルジェリアは初戦からメンバーを5人変更。対する韓国は初戦と全く同じメンバーで第2戦に臨んだ。

 互いに勝ち点3を計算したい一戦。だが前半は一方的なゲームになった。

 試合が動いたのは前半26分、自陣からDFカール・メジャニが縦パス一本、韓国のDFラインの裏を目がけてボールを送る。DF2人競り合いながらFWイスラム・スリマニがわずかに抜け出すと、コースを突いたシュートでゴールネットを揺らす。さらに直後の28分、左サイドからのCKを獲得したアルジェリアは、DFラフィク・ハリシェが打点の高いヘディングシュートで合わせて、あっという間にリードを2点に広げた。

 勢いに乗るアルジェリアは前半38分、DFラインからのロングボールが最前線に入ると、韓国のクリアミスを拾ったスリマニが中央のMFアブデルムメン・ジャブへラストパス。グラウンダーのシュートをゴール右隅に流し込み、前半だけで3点のリードを奪うことに成功した。

 まさかの展開、そして前半はなんとシュート0に終わった韓国だが、後半に入るとようやく5分、ファーストシュートが得点に繋がる。ロングボールを裏で受けたMFソン・フンミンが切り返しで相手をかわすと、左足を振り抜く。あまりミートしたシュートではなかったがこれが幸い。上手くGKの股を抜け、反撃の1点となった。

 後半に入ってようやくリズムと掴んだ韓国だが、アルジェリアもしたたかだった。後半17分、エリア内でMFソフィアン・フェグリからのリターンパスを受けたMFヤシン・ブラヒミが狙い澄ましてGKの股を抜き、再びリードを広げた。

 韓国は最前線に長身FWのキム・シンウクを入れ、後半19分からは第1戦で得点したFWイ・グノを投入。再びエンジンの点火を試みる。すると、同27分、キム・シンウクに当てたボールがこぼれると、イ・グノの折り返しをFWク・ジャチョルが押し込み、2点差。同33分には3枚目のカードとして得点力のあるMFチ・ドンウォンをピッチに送り込み、勝負に出た。

 しかし焦りとは裏腹に、時間だけが刻々と過ぎていく。試合はこのまま4-2でアルジェリアが逃げ切り、初出場だった1982年のスペイン大会のチリ戦以来、32年ぶりのW杯での勝利を挙げた。第3戦は26日。勝ち点3で2位に浮上したアルジェリアはロシアと、最下位に落ちた韓国はGL突破を決めているベルギーと対戦する。


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ


TOP