beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

GL敗退に呆然のMF本田「もっと夢や希望を最後まで見せたかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.24 ブラジルW杯C組 日本1-4コロンビア クイアバ]

 W杯優勝。壮大な目標を、常に口にし続けていた日本代表のMF本田圭佑だったが、その目標から遥か遠いところで、日本の戦いは終わった。1つの勝利も挙げられずに、グループリーグ最下位で敗退した。

 1-4で敗れたコロンビア戦後、インタビューに応じた本田は、「本当に無念の一言というか。それを招いたのはもちろん自分自身なので。すべてを受け入れる必要があると思います」と、肩を落とした。そして、この結果について問われると「非常に悔しいですけど、これが現実ですし、『優勝』とまで言って、この散々な結果ですから…。自分たちが未熟過ぎた結果なわけですから。今はすべてを受け入れて、今後どうしていくか。少し時間をかけたいなというふうに思います」と、言葉につまりながらも答えた。

 16強進出を果たした南アフリカ大会から4年かけて、世界トップレベルとの差を縮めてきた日本。しかし、何より結果が求められる一戦で結果を出せずに、本田は「もう敗者なのでね。何を言っても意味がないし。受け入れる。それしかないと思います」と、自身に言い聞かせるように呟いた。

 応援してくれたファン・サポーターへのメッセージを求められても「もっとね、希望や夢を最後まで見せたかったのですけど、本当に口だけで終わってしまって、非常に残念に思っています。申し訳ないと思っています」と、反省の弁を繰り返した本田。最後に今後について聞かれると、「ちょっと勘弁してもらっていいですか」と、とても頭の中を整理できていない様子だった。

★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ


TOP