beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アルゼンチン、24年ぶり4強も…ディ・マリアが前半途中に負傷交代

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.5 W杯準々決勝 アルゼンチン1-0ベルギー ブラジリア]

 アルゼンチン代表は5日、準々決勝でベルギー代表と対戦し、1-0で勝利した。アルゼンチンの4強は、準優勝だった1990年イタリア大会以来、24年ぶりとなった。

 だが前半33分、アルゼンチンをアクシデントが襲った。FWアンヘル・ディ・マリアが右太ももを抑えながらピッチ中央に倒れ込む。直前に治療をしてピッチに戻っていたが、結局プレー続行不可能となり、自らベンチに退いた。

 ベンチに下がったディ・マリアは右太ももをアイシング治療。痛々しい姿は、今後への不安を抱かせた。終盤、ベルギーの猛攻をしのぎ切り、4強へと駒を進めたアルゼンチンだが、喜んでばかりもいられない事態が起きてしまった。


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ


TOP