beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

W杯得点記録更新のクローゼが14-15年シーズン限りで現役引退へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラツィオに所属するドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが、2014-15年シーズン限りでの現役引退を表明した。『ユーロスポーツ』など複数メディアが、ドイツ『ビルト』に対して、「2015年に引退することを決めた」と語ったと伝えている。

 クローゼは1978年6月9日生まれの現在36歳。2000年にカイザースラウテルンでプロデビューを飾ると、04年からはブレーメン、07年からはバイエルンでプレー。11年夏に初の国外リーグ移籍を果たすと、セリエAのラツィオでキャリアを重ねていた。ドイツ代表としては2001年にデビュー。4大会連続でW杯に出場すると、ブラジルW杯では2ゴールを記録。通算ゴール数を16得点とし、元ブラジル代表のロナウド氏が持っていたW杯通算得点記録を更新していた。


TOP