beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アギーレ新監督が指摘した日本の課題「強さ、経験が足りない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本代表新監督に元メキシコ代表監督のハビエル・アギーレ氏が就任することが決まった。日本サッカー協会の原博実専務理事が24日に都内で行われた理事会後、明らかにした。

 交渉の過程でアギーレ氏は、ブラジルW杯でグループリーグ敗退に終わった日本代表について「もっとできるはずだったと思う」と語っていたという。原専務理事は「同時に『W杯では、ほんのちょっとしたことでうまくいかなくなることもある。それもよく分かっている』とも話していた」と明かした。

「日本人の持っているポテンシャルはこんなものではない。もっとやれる力はあるし、自分の経験を伝えたい」と強い決意を話していたというアギーレ氏。日本人選手の印象については「体は大きくないが、テクニックのある選手が多い。組織としてやろうとするのは分かるが、まだまだ強さや試合の経験が足りない」と指摘していたことも原専務理事は明らかにした。

 新監督に期待する部分として原専務理事は「いろんな経験をしている中で、勝負強さを我々のチームにも植え付けてほしい。試合の中でうまくいかない時間帯もある。そういうときでも踏ん張れる、引き出しの多いチームに成長してほしい」と話していた。

(取材・文 西山紘平)

★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ


TOP