beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

W・シドニーが前回王者広州恒大を撃破!!FCソウルは2年連続4強へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝第2戦が26日と27日に行われ、4強が出揃った。

 26日には西地区の2試合が行われ、アルイテハド(サウジアラビア)と対戦したアルアイン(UAE)が3-1で勝利。2戦合計スコアを5-1で勝ち抜けを決めた。アルヒラル(サウジアラビア)はアルサッド(カタール)と0-0で引き分けたが、第1戦のリードを守り抜き、2戦合計1-0で準決勝進出を決めている。

 27日には東地区の2試合を開催。韓国勢対決となったFCソウル浦項の一戦は、2戦を通して得点が入らず、決着はPK戦に委ねられた。結果、PK戦を3-0で制したFCソウルが2年連続の4強入りを決めている。

 前回王者の広州恒大(中国)は、ホームでウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)と対戦し、2-1で勝利した。しかし第1戦を0-1で落としており、2戦合計スコアは2-2となり、アウェーゴールの差で上回れず、8強で敗退が決定した。

 準決勝はアルヒラル対アルアイン、FCソウル対W・シドニーの組み合わせに決定。ホーム&アウェーで対戦し、同じくホーム&アウェーで行う決勝進出を争う。

[写真]アウェーゴールで上回り前回王者広州恒大を下したW・シドニー


▼関連リンク
ACL2014特設ページ


TOP