beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川が4年契約でドルトムント復帰へ、30日にも正式発表か

このエントリーをはてなブックマークに追加
 マンチェスター・ユナイテッドのMF香川真司ドルトムントに2年ぶりに復帰することが確実になった。英紙『デイリーメール』によると、完全移籍で4年契約を結ぶ見通し。ドイツ紙『ビルト』は、現地時間30日午後1時(日本時間午後8時)にもクラブから正式発表されると報じている。

『ビルト』は、香川の代理人を務めるトーマス・クロート氏が29日朝にドルトムントのクラブハウスに現れた様子を撮影。香川のドルトムント移籍が大詰めを迎えていると伝えていた。

『デイリーメール』は香川がすでにドイツに向かって出発したと報道。『ビルト』によると、現地時間30日午前にメディカルチェックを受け、同日午後に正式発表される見通しだ。

 現地報道によると、移籍金は、成績によるボーナスを含めて1000万ユーロ(約13億6800万)となる見通し。2012年夏にドルトムントからユナイテッドに移籍した際の移籍金は当時、1600万ユーロと報じられていた。ドルトムントは当初、レンタルでの獲得を希望しているとの報道もあったが、放出時から約600万ユーロの“値下げ”となることを受け、4年契約での完全移籍で条件面も合意に達したとみられる。

 香川は2010年夏にC大阪からドルトムントに移籍。1年目の2010-11シーズンは前半戦17試合で8ゴールを記録し、ブンデスリーガの前半戦MVPに選ばれた。後半戦は故障でほとんどを棒に振ったが、翌2011-12シーズンは31試合に出場し、13ゴールを量産。2連覇を達成したブンデスリーガとDFBポカール(ドイツ国内杯)の2冠に大きく貢献した。

 ユナイテッド1年目の2012-13シーズンはアレックス・ファーガソン監督の下、20試合に出場し、6得点を挙げ、プレミアリーグ優勝を経験。しかし、翌2013-14シーズンはデイビッド・モイーズ監督の下で出場機会が減少し、18試合出場で無得点に終わった。ルイス・ファン・ハール監督に代わった今季もプレミアリーグは開幕から2試合連続で出番なし。26日のキャピタル・ワン杯で今季公式戦初出場初先発を果たしたが、脳震盪のため前半20分に交代していた。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
2014-15シーズン欧州移籍情報
プレミアリーグ2014-15特集
ブンデスリーガ2014-15特集


TOP