beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[なでしこ]岡山湯郷は宮間FK弾で首位キープ、川澄復帰もINACは最下位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
 なでしこリーグ・エキサイティングシリーズ第2節が6日と7日に行われた。

 7日には上位リーグの3試合が行われた。首位に立つ岡山湯郷ベルはホームでアルビレックス新潟レディースと対戦し、1-1で引き分けた。前半27分にMF佐伯彩に先制弾を許したが、後半29分にMF宮間あやが直接FKを突き刺し、ドローに持ち込んだ。勝ち点1を積み上げるにとどまったが、首位はキープしている。

 2位3位対決となった日テレ・ベレーザ浦和レッズレディースは、アウェーの浦和が3-0で快勝した。前半21分にMF岸川奈津希が先制点を決めると、同23分にはMF加藤千佳が追加点を奪う。同32分にはMF猶本光が得点し、一気に畳みかけた。順位は2位浦和、3位日テレに入れ替わっている。

 日本女子代表(なでしこジャパン)のMF川澄奈穂美が復帰したINAC神戸は北海道・帯広でジェフユナイテッド千葉レディースと対戦し、3-4で敗れた。川澄も後半11分に凱旋弾を決めたが、打ち合いに敗れた。INACは最下位に転落している。

 下位リーグではベガルタ仙台レディース伊賀FCに4-0で快勝し、2連勝。AS埼玉は吉備国際大に3-0で勝利している。

 この後、なでしこリーグは、約1か月の中断期間に入る。再開は10月4日。

▼関連リンク
なでしこリーグ2014 特集ページ


TOP