beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

内田は招集外 「本人の気持ちをこの場で代弁できない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本代表のハビエル・アギーレ監督は1日、都内で記者会見を行い、10日のジャマイカ戦(デンカS)、14日のブラジル戦(シンガポール)に臨む日本代表メンバーを発表した。すでに故障から復帰しているDF内田篤人(シャルケ)は招集されなかった。

 内田はブラジルW杯後、日本代表からの引退も考えているとコメント。9月の代表戦では、まだ負傷が癒えていなかったため、自動的に招集を見送られた。今回の招集レター送付のタイミングも公式戦復帰前だったこともあり、やはりハビエル・アギーレ監督のリストには名を連ねなかった。

 いずれにせよ、気になるのは内田自身が招集に応じる意思があるのかどうかというところ。会見に同席した霜田正浩技術委員長は「監督がリストにない選手のコメントはしないと言っている以上、私がそれに関してコメントするわけにもいかない」と前置きしたうえで、「内田本人の気持ちは、この場所で私が代弁することでもない。内田本人といろいろ話して、聞いてもらえればいいと思う。私たちもちゃんとコミュニケーションを取っているので、またこのメンバーに入るときが来たら、ちゃんとお話ができると思う」と話すにとどまった。

(取材・文 西山紘平)


TOP