beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

広島3連戦の初戦を終えて柏FW工藤「残り2試合で仕切り直し」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[10.5 J1第27節 柏0-0広島 柏]

 台風の影響を受け、水が浮いた状態での一戦は、両チームに狙い通りのサッカーをさせなかった。今後、ナビスコ杯の準決勝でも対戦する柏レイソルサンフレッチェ広島の一戦は、互いがロングボールを蹴り、セカンドボールを狙って押し込みに行くという形で推移したが、得点が生まれないまま終了した。

 試合後、柏のFW工藤壮人は、「たまたま良いところにボールがこぼれてくるとか、そういうのを狙うしかない。変につないで、カウンターは避けたかったし、収められるところを、収めることは意識していました」と、慣れないコンディションでの試合を振り返る。

 そして、「相手もパスをしっかりつないでくるサッカーをしてくるのに、あれだけ割り切って来た。それぞれ1本か2本、決定機というのもありましたけど、それに関しては、もちろん勝てればよかったですけど、この試合をあらためてどう分析するかというところまでいかないと思う。参考にならないイメージだし、残り2試合で仕切り直し」と、9日に敵地で、12日に再びホームで戦うナビスコ杯準決勝は、まったく別の試合になると語った。

(取材・文 河合拓)
▼関連リンク
[J1]第27節 スコア速報


TOP