beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

どうした湘南…札幌のスーパーゴール2発に沈み今季初の連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加
[10.26 J2第38節 札幌2-0湘南 札幌ド]

 コンサドーレ札幌がホームで湘南ベルマーレを2-0で下した。札幌は勝ち点を55に伸ばしてPO圏内に近づいた。湘南は今季初の2連敗を喫した。

 前半9分のスーパーシュートで試合が動くことになった。札幌はGK李昊乗が最前線にロングボールを蹴ると、FW都倉賢が胸コントロールで受ける。そのターンでDFを外すと、エリア外から左足をダイレクトで振り抜いた。ゴール右隅に飛んだシュートがネットを揺らすと、スタジアム中が大きなどよめきに包まれた。

 追加点も前半のうちに生まれた。45分、左サイドでボールを受けたDF上里一将が、左45度のPA角に入ったと同時に左足を一閃。これもスーパーゴールとなってゴール右隅に突き刺さった。

 一方の湘南。早々に来季のJ1昇格を決め、11日の第36節東京V戦では初のJ2優勝を決めた。だが前節の長崎戦を1-2で落とし、今季ホーム初黒星を喫すると、この日は無得点で敗れてしまい、初の2連敗となった。確かにエースFWウェリントンが2試合連続の欠場、この日は主将のMF永木亮太も不在だった。目標を達成したことによるモチベーションの低下も考えられるが、来季のためにも、絶対的な強さを取り戻してほしい。

▼関連リンク
[J2]第38節 スコア速報


TOP