beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

1試合でオウンゴール5つ…両チームを処分

このエントリーをはてなブックマークに追加
インドネシア2部で無気力試合

 インドネシアリーグの2部に相当するディビジ・ウタマで、1試合に5つのオウンゴールが生まれたことを受けて、インドネシアサッカー連盟が関与した2チームに処分を科した。

 問題の試合は、26日に行われたPSSスレマン対PSISスラマンの一戦。3-2でPSSの勝利に終わったが、この試合の得点はすべてオウンゴールだった。

 ディビジ・ウタマのグループ1で、両チームは上位2チームに入ることが決まっている。1部昇格を懸けて、上位2チームはグループ2の上位2チームと対戦することになるが、どちらもグループ2で2位につけるボルネオFCとの対戦を避けるために、互いに負けようとしたとのことだ。

 事態を重く見た連盟の規律委員会は、両チームを除外とすることを決定。「サッカー、スポーツにおける基本原理であるフェアプレーを冒涜するもので、この違反は許容できるものではない」と、連盟のチーフは語った。
世界のサッカー情報はgoal.com


TOP