beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

GK山岸のAT決勝ヘッドで山形が磐田を撃破! PO決勝進出を勝ち取る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[11.30 J1昇格PO準決勝 磐田1-2山形 ヤマハ]

 J1昇格プレーオフの準決勝が30日に行われ、J2で4位のジュビロ磐田と6位のモンテディオ山形が対戦した。引き分けでもプレーオフファイナルに進出できる磐田は、山形に先制されたが、前半アディショナルタイムに追い付く。そのまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイム、山形は攻撃参加したGK山岸範宏がヘディングシュート。これがゴールに決まって、山形が2-1で磐田を下し、プレーオフファイナルに勝ち進んだ。勝利した山形は7日に味の素スタジアムで行われるJ1昇格プレーオフ決勝で、J2を3位で終えたジェフユナイテッド千葉と対戦する。

 6試合未勝利の磐田は、23日の札幌戦(1-1)のメンバーからDF森下俊、MF松浦拓弥を変えて、MF田中裕人、MF山崎亮平が先発入りした。一方、26日に天皇杯の千葉戦(3-2)を行った山形は、2選手を変更。DF當間建文とMFロメロ・フランクが先発入りしている。[スタメン&布陣はコチラ]

 11月15日にも同じ会場で対戦している両チーム。その時は2-0と山形が完勝していたが、この試合で最初に決定機をつくったのは磐田だった。前半10分、FW前田遼一のポストプレーから攻撃の形をつくると、左サイドからDF岡田隆がクロスを入れる。こぼれ球をPA内で拾った山崎がシュートしたが、GK山岸範宏の好セーブに遭い、得点できない。

 山形も14分、FW川西翔太のスルーパスからDF山田拓巳がGK八田直樹と1対1になるが、タイミング良く飛び出したGK八田にシュートをブロックされる。磐田は21分にも波状攻撃を見せる。MF宮崎智彦のミドルシュートがGK山岸に弾かれると、こぼれ球に詰めた前田、山崎のシュートも、体を張ったGK山岸の守りに防がれた。

 すると26分、山形は守護神の奮闘に攻撃陣が応える。左サイドから最終ラインとGKの間にボールが出る。これにFWディエゴが詰めると、磐田のGK八田も反応。クリアーしたボールがディエゴに当たって右に流れると、これを回収した山田がクロスを入れる。再びゴール前でボールを受けたディエゴが、ヘディングシュートをゴールに決めて、アウェーの山形が1点をリードした。

 リードされた磐田も前半31分、中盤で細かくボールをつなぎ、山形の守備を崩しにかかるが、山崎のトラップが大きくなったところを、GK山岸に抑えられてシュートを打てない。対する山形は鋭いカウンターで追加点を狙う。38分には右サイドに開いたディエゴから、ゴール前にクロスが出るが、わずかにFW山崎雅人には合わなかった。

 磐田は40分にも宮崎がミドルシュートでゴールを狙う。DFに当たったボールは、GK山岸の逆方向に飛んだが、懸命に戻った山岸がボールを枠外へ掻き出し、ゴールを許さない。その1分後にも磐田は左サイドの山崎からPA内のMF松井大輔にパスが通り、松井のパスを受けたDF駒野友一がゴールを狙ったが、シュートは枠を外れて行った。

 前半45分には山形が再び決定機をつくる。川西がボールをキープしてDFを引き付けておき、オーバーラップした山田を使う。山田の折り返しをディエゴがPA内で収め、反転して左足でシュートしたが、これは左ポストに嫌われて得点できない。逆に磐田が、アディショナルタイムに追い付く。右サイドの深い位置で前田がドリブルで仕掛けたが、DFに阻まれる。こぼれ球を拾った駒野が中央にパス。宮崎がシュート性のボールを入れると、中央で松井に当たったボールがこぼれた。これを山崎がゴールに押し込み、1-1で前半を折り返した。

 後半3分、磐田はCKからDF藤田義明がヘディングでゴールを狙ったが、このシュートもGK山岸に抑えられた。同6分にもスローインを受けたMF小林祐希が左足のボレーシュートを放ったが、大きく変化したシュートはクロスバーを叩いた。攻勢の磐田は7分にも小林がミドルシュートでゴールを狙ったが、GK山岸にキャッチされた。

 反撃に出たい山形にアクシデントが起こる。後半11分、ディエゴがハムストリングを負傷し、交代を要求。ブラジル人FWの代わりにFW中島裕希が出場することとなった。エースを負傷で欠いた山形だが、後半16分には中央で競り勝った山崎がヘッドで中島にボールをつなぐ。PA右から中島が放ったシュートは、左へ逸れて行った。

 山形は後半22分に2人目の選手交代を行い、山崎を下げてMF伊東俊を投入する。同28分に山形は自陣からのカウンターを仕掛けると、中島からのパスを受けた伊東がGK八田と1対1のチャンスを得たが、シュートはGK八田に止められる。

 磐田の名波浩監督は30分に動き、松井、田中を下げて、MFフェルジナンド、MF松浦拓弥を投入した。32分に山形は最後の交代枠で、ロメロ・フランクとFW萬代宏樹を交代する。決勝進出を決めたい磐田は、山形に圧力をかける。33分、39分にフェルジナンドのミドルシュート、37分にはセットプレーから藤田がヘッドで山形ゴールに迫ったが、2点目を挙げられない。

 磐田は42分に山崎に代えて、MF白星東を投入して交代枠を使い切る。アディショナルタイムにはGK山岸もCKで攻め上がり勝利への執念を見せる。すると、まさかの展開が待っていた。その山岸がヘディングシュートを放つと、これがゴールに吸い込まれた。残り時間、磐田は懸命に攻めようとしたが、時間は残されておらず。試合終了のホイッスルとともに山形の決勝進出と、磐田が来季J2で戦うことが決まった。
(取材・文 河合拓)
▼関連リンク
J1昇格プレーオフ準決勝 スコア速報


TOP