beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バロンドール最終候補など発表…佐藤寿人のプスカシュ賞受賞はならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際サッカー連盟(FIFA)は2日、2014年年間表彰選手の最終候補を発表した。最優秀選手賞(バロンドール)最終候補にはFWリオネル・メッシ(アルゼンチン、バルセロナ)、GKマヌエル・ノイアー(ドイツ、バイエルン)、そして昨年度受賞のFWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル、レアル・マドリー)が残った。

 MF宮間あやとFW川澄奈穂美が候補に残っていた女子最優秀選手賞の最終候補にはMFナディーネ・ケスラー(ドイツ、ボルフスブルク)、FWアビー・ワンバック(アメリカ、ウエスタン・ニューヨーク・フラッシュ)、MFマルタ(ブラジル、ローゼンゴード)が入り、日本人2選手は惜しくも外れた。女子チームの最優秀選手候補には日本女子代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督が残っている。

 またサンフレッチェ広島のFW佐藤寿人がノミネートされて注目を集めた最優秀ゴール賞(プスカシュ賞)だが、佐藤は最終候補からは漏れた。最優秀候補にはFWハメス・ロドリゲス(コロンビア、レアル・マドリー)とFWロビン・ファン・ペルシー(オランダ、マンチェスター・ユナイテッド)がW杯で決めたゴール、そして女子アイルランド代表FWステファニー・ロシュが、フランスリーグのリーグ戦で決めた得点が残っている。

以下、各賞最終候補
■バロンドー
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル、レアル・マドリー)
リオネル・メッシ(アルゼンチン、バルセロナ)
マヌエル・ノイアー(ドイツ、バイエルン)

■最優秀監督
ヨアヒム・レーブ(ドイツ、ドイツ代表)
ディエゴ・シメオネ(アルゼンチン、アトレティコ・マドリー)
カルロ・アンチェロッティ(イタリア、レアル・マドリー)

■女子バロンドール
ナディーネ・ケスラー(ドイツ、ボルフスブルク)
アビー・ワンバック(アメリカ、ウエスタン・ニューヨーク・フラッシュ
マルタ(ブラジル、ローゼンゴード)

■女子最優秀監督賞
佐々木則夫(日本、日本代表)
マレン・マイネルト(ドイツ、U-20ドイツ代表)
ラルフ・ケラーマン(ドイツ、ボルフスブルク)

■最優秀ゴール賞(プスカシュ賞)
ハメス・ロドリゲス(コロンビア、レアル・マドリー)
ロビン・ファン・ペルシー(オランダ、マンチェスター・ユナイテッド)
ステファニー・ロシュ(アイルランド、当時ピーマウント・ユナイテッド)


TOP