beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[大学選手権]早稲田大が2年ぶり日本一へまず1勝!!岩教大に3発勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.14 大学選手権2回戦 早稲田大3-1岩教大 BMWス]

 全日本大学選手権の2回戦が14日に各地で行われた。BMWスタジアム平塚の第1試合では早稲田大(関東4)が北海道教育大学岩見沢校(プレーオフ枠)に3-1で勝利し、準々決勝進出を果たした。初戦で愛知学院大を下した北海道教育大学岩見沢校(以下、岩教大)だったが、8強入りはならなかった。

 立ち上がりから猛攻を仕掛けたのは早稲田大だった。前半3分、左サイドから攻め込んだ早稲田大が決定機。MF近藤貴司(4年=三菱養和ユース)のパスをPA左で受けたFW中山雄希(2年=大宮ユース)がDFをかわして右足シュート。惜しくもGKに止められる。

 直後には右サイドからドリブルで仕掛けたDF新井純平(2年=浦和ユース)がDF葛西大(4年=札幌U-18)に倒されてFKを獲得。MF近藤洋史(4年=名古屋U18)が直接狙うもポスト左へ外れた。その後もFW山内寛史(2年=國學院久我山高)らがドリブルでチャンスをつくるなど、岩教大を圧倒した。

 すると前半30分に先制点が生まれる。左CKから近藤洋が蹴りこんだボールはDFにクリアされ、右CKを獲得。再び近藤洋が蹴りいれたボール。山中が頭で落とすと、最後はゴール前へ詰めていた中山が左足で思い切りよく蹴りこんだ。今季公式戦初先発のFWが起用に応えるゴールを決め、早稲田大が先制点を獲得した。

 さらに前半終了間際にも追加点。新井の右クロスがDF河崎敬(4年=市立船橋高)のハンドを誘発。獲得したPKは背番号10の近藤洋が冷静にゴール右隅へ決めた。早稲田大が2-0とリードして前半を折り返した。

 対する岩教大は耐え忍んだ末の痛い2失点。立ち上がり、押し込まれながらも前半10分、FW伊藤巧貴(4年=札幌西高)が自ら蹴りこんだCKのこぼれを拾って右クロス。しかしサイドネットへ外れる。その後は早稲田大の縦への攻撃に押し込まれ、DFラインが下がると後手に回ってしまう。サイドへ振ろうとするも中盤では激しいプレッシャーを受けてのパスミスが続き、自陣内へ押し込まれた。

 それでもGK橋本周平(4年=八千代高)を中心にDF河崎らが奮闘。あと一歩のところで相手の攻撃を食い止めた。しかし前半30分にセットプレーのこぼれを拾われて失点すると、直後にも失点。粘りをみせていたものの、2点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がりから果敢な攻撃をみせた岩教大だが、1点は遠い。後半3分には背番号10の伊藤を起点に決定機。カウンターから伊藤がスルーパス。PA左へ抜け出たMF笹原隆平(4年=室蘭大谷高)がシュートを打つも、GK松澤香輝(4年=流通経済大柏高)に止められた。

 すると前がかりになった岩教大の裏をついた早稲田大が追加点。後半14分、相手ミスからカウンター。奪った山内が右足シュートを流し込み、3-0と試合を決定付けた。攻め上がっていた岩教大は痛い失点を喫してしまった。

 なんとか得点の欲しい岩教大。後半21分には相手のハンドで得たPKを伊藤が決めて、1-3と差を縮める。2点目を奪おうと伊藤を中心にパスをつないで追加点を目指すが、ゴールネットは揺らせない。終了間際には右サイドからドリブルで持ち込んだFW近藤勝成(3年=札幌U-18)が伊藤へ横パス。左サイドから走りこんできたDF佐川晃大(3年=秋田西高)がシュートを放つもDFに阻まれた。そのまま試合は終了。3-1で早稲田大が勝利し、2年ぶりの日本一奪還へまずは1勝目を挙げた。

 試合後、早稲田大の古賀聡監督は「公式戦での勝利は本当に久しぶり。公式戦で勝てなかった分、今回はどこが来てもリベンジのつもりで挑みたい。まずは2日後に向けて、準備したい」とコメント。

 敗れた岩教大の越山賢一監督は「選手たちは最後までよく頑張ってくれたと思います」と一時は3点差をつけられながらも必死に攻め続けた選手たちを労い、「強豪校相手に公式戦で戦えた経験を今後のチームへ活かしていければ」と話した。

(取材・文 片岡涼)
▽関連リンク
第63回全日本大学選手権特設ページ


TOP