beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

補強を進める浦和…大宮からFWズラタン獲得を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

 浦和レッズが15日、大宮アルディージャFWズラタンを完全移籍で獲得したと発表した。12年のシーズン途中に大宮に加入したズラタンは、2年半の間にJ1リーグで71試合出場17得点の記録を残している。

 ズラタンはクラブを通じて、「一日でも早くチームに馴染み溶け込んでいけるように選手やスタッフと常にコミュニケーションを取っていきたいと思います。浦和レッズが良い成績が残せるように、そしてチームの目標であるタイトル獲得のために全力で戦うことを誓います」とコメント。

 また、大宮のクラブ公式ウェブサイトを通じて、「大宮アルディージャに在籍した2年半、本当に幸せな2年半を与えてくれたクラブとファン・サポーターの皆さまのことは決して忘れないでしょう。今後は大宮アルディージャのサポーターとして応援し続けたいと思います。大宮アルディージャの今後の活躍と発展を心よりお祈りしています」とコメントを残している。

 浦和はすでに柏からDF橋本和、仙台からFW武藤雄樹、清水からFW高木俊幸の獲得を発表している。

●ズラタン
■生年月日
1983年12月15日(31歳)
■出身地
スロベニア
■選手歴
スロバン-ドムジャレ-ヘント(ベルギー)-大宮
■代表歴
06年- スロベニア代表(10年南アフリカW杯3試合出場1得点)


TOP