beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

AFCがアジア杯の注目若手5選手に武藤らを選出

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジアサッカー連盟(AFC)は20日、公式サイトで「TOP5|ASIAN CUP YOUNG GUNS」と題し、来年1月にオーストラリアで開催されるアジア杯の注目若手選手5人を発表し、日本代表FW武藤嘉紀(F東京)が選ばれた。

 AFCは同サイトで武藤を「将来有望な若手選手」と評し、J1で新人最多得点タイ記録の13ゴールを挙げた今シーズンの活躍を紹介。「57本のシュートで13ゴール。決定率22.8%はリーグ4位の数字だった」としている。

 注目の若手5選手には武藤のほか、韓国代表FWソン・フンミン(レバークーゼン)、オーストラリア代表MFトミー・オアー(ユトレヒト)、イラン代表FWアリレザ・ジャハンバフシュ(NEC)、イラク代表FWアハメド・ヤシーン(エレブロSK)が選ばれている。


▼関連リンク
アジア杯2015特集


TOP