beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]35年ぶり出場の前原守備陣統率するCB仲元龍樹「いっぱいテレビ出て、自分たちのサッカーをしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖縄県予選全5試合で3得点以上をたたき出した前原高だが、我慢強い守りが優勝に繋がった。その守備陣を統率するのが180cmのCB仲元龍樹(3年)。強豪・國學院久我山高と戦う全国初戦から粘り強い守りで対抗する。

以下、仲元コメント
●DF仲元龍樹(3年)
―今年のチームの良さを感じる部分は
「チームの中の仲がいいというところが、チームのいいところだと思います」

―3冠を達成したけれど、実際にできると思っていた?
「最初の目標は県内大会を全部取るという事を目標にやってきたので、できると思っていました」

―選手権出場の反響は?
「中学校や地域の人たちから『頑張ったな』とか『やったな』とかよく言われます」

―自分自身の長所は?
「受け手がスペースを見つけて、そこへパスを供給できるというところは長所だと思います。(右足は元々蹴れた一方)中学校の時に左足蹴れなかったのでずっと練習してきた」

―攻撃型のチームだからこそ、守備への負担も大きいのでは?
「中盤に守備の苦手な選手が多いので抜かれた後の処理が苦しいです。獲りどころをはっきりして、球際をしっかり行かないとボール取れないので、その辺はしっかりしていきたいです。FWの田里がゴーかけたら前から(プレスを)かけていく」

―仲元選手にとって選手権とは
「小学校から選手権を見ていたので憧れです。(県3冠を達成して)やっとスタートかなと。1勝でも多く勝てたら。自分は守備なので1対1やキックの精度を見せたいです」

―きょう履いたスパイクの感想を
「(アディゼロ)F50を初めて履いたんですけど。キックもやりやすかったし、フィット感も良かったのでやりやすかったです。軽かったので走りやすさとかありました」

―ゲキサカを通してメッセージがあれば
「親には感謝しています。ここまでできたのも親のお陰だし、地域の人も応援してくれたので恩返ししたいです。(恩返しするために)いっぱいテレビ出て、自分たちのサッカーをしたいです」

(取材・文 吉田太郎)


TOP