beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サンプドリアが「0-0-10」システムを採用!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 サンプドリアは5日、敵地でラツィオと対戦し、0-3で敗れた。前半38分にMFマルコ・パローロにゴールを許すと、同41分にも失点。後半にも1点を加えられ、完敗した。だがこの試合でシニシャ・ミハイロビッチ監督が取った作戦が、ちょっとした話題となっている。

 サンプドリアは試合開始と同時にフィールドプレーヤー10人が、センターライン上に一列に並ぶ戦術を採用。『メトロ』は「0-0-10」システムだと紹介。「試合開始と同時にオフサイドトラップを仕掛けた」と伝えている。ただ、マイボールの状況でスタートしており、作戦の真偽は定かではない。

▼関連リンク
セリエA2014-15特集

TOP