beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウドが2年連続3度目のバロンドール受賞!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
「FIFAバロンドール2014」の授賞式が12日、スイス・チューリッヒで行われた。レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、2014年のFIFAバロンドール(年間最優秀選手賞)を受賞している。

C・ロナウドは2008年、2013年に続く通算3度目の受賞となり、ヨハン・クライフミシェル・プラティニ、マルコ・ファン・バステンの記録に並び、彼の前にいるのは4度の受賞を果たしたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだけとなった。

 昨年の授賞式では涙を流したC・ロナウドだったが、この日は笑顔で元フランス代表FWティエリ・アンリからトロフィーを受け取った。C・ロナウドは、フーッと大きくため息をつき、会場を見渡すと「母もいますね。家族も来てくれています」と、笑顔を見せて受賞スピーチを始め、「私に1票を投じてくれた人々、監督、チームメイト、レアル・マドリーの会長、全員に感謝します。本当に忘れがたい1年でした」と、1年を振り返った。

 2014年、C・ロナウドはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で17ゴールを記録。レアル・マドリーを通算10度目の欧州CL制覇に導いた。また、国王杯の優勝にも貢献したポルトガル代表FWは、リーガでも30試合で31ゴールという驚異的な数字を残して得点王になり、FWルイス・スアレスとともに、欧州ゴールデンシュー賞も受賞していた。

「このトロフィーを3回も受賞できるとは、夢にも思ってもいませんでした」と、感慨深げに語るC・ロナウドだが、「私は、これからも努力を続けて行きたいと思います。上から見守ってくれている(亡くなった)父のためにも、母のためにも、さらに息子のためにも、個人として、チームとして、毎日、向上していけるように頑張っていきたい」と、現状に満足せず、さらなる成長を誓う。

 なお、2年連続でのバロンドール受賞は、ヨハン・クライフ、ケビン・キーガン、カール・ハインツ・ルンメニゲ、ミシェル・プラティニ、マルコ・ファン・バステン、リオネル・メッシに続き、史上7人目のことである。


TOP