beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本のGL突破の条件は…?ヨルダンに0-1敗戦なら敗退の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

 イラクに1-0で勝って2連勝を飾った日本だが、グループリーグ突破はまだ決まっていない。20日のヨルダン戦で引き分け以上なら他会場の結果に関係なく、自力で首位通過が決まるが、敗れた場合は敗退の可能性も残されている。

 日本がヨルダンに負けた場合も、もう1試合でイラクがパレスチナと引き分け以下に終われば、日本の2位通過が決まるが、イラクがパレスチナに勝つと、日本、イラク、ヨルダンの3チームが勝ち点6で並ぶことになる。

 アジア杯のレギュレーションは、勝ち点で並んだ場合、当該チーム間の(1)勝ち点(2)得失点差(3)総得点の順で決まり、それでも並んだときはグループ全体での(4)得失点差(5)総得点の順で順位を決定する。

 日本、ヨルダン、イラクが勝ち点6で並んだ場合、3チーム間の勝ち点はいずれも3で並ぶ。イラクはヨルダンに1-0、日本に0-1のため、当該チーム間の得失点差±0、総得点1。日本がヨルダンに2点差以上で敗れると、当該チーム間の得失点差は日本が-1、ヨルダンは+1となるため、ヨルダンの1位、イラクの2位が確定し、日本は3位でグループリーグ敗退となる。

 日本がヨルダンに1点差で敗れた場合も、1-2や2-3など点を取ったうえでの敗戦なら、当該チーム間の総得点で日本とヨルダンが2以上となり、イラクの総得点1を上回るため、日本とヨルダンのグループリーグ突破が決まる。

 ただし、日本がヨルダンに0-1で敗れると、日本、ヨルダン、イラクが当該チーム間の成績で勝ち点3、得失点差±0、総得点1で完全に並ぶことになる。今度はグループ全体の得失点差、総得点の争いとなるが、日本は5得点1失点の得失点差+4、ヨルダンは6得点2失点の得失点差+4となるため、日本は総得点でヨルダンに劣る。イラクがパレスチナに3点差以内の勝利にとどまれば、イラクはグループ全体の得失点差が+3以下となるためイラクの3位敗退、日本の2位通過が決まるが、イラクがパレスチナに4点差以上で勝つと、状況はさらに複雑になる。

 日本がヨルダンに0-1、イラクがパレスチナに4-0の場合、総得点6のヨルダンが首位通過となり、日本とイラクが5得点1失点で並び、警告ポイントで2位か3位か順位を決定することになる。イラクが5-1、6-2など5点以上取っての4点差勝利、または5点差以上でパレスチナに勝った場合は、得失点差または総得点でイラクが日本を上回るため、日本の3位敗退が確定する。

 日本はヨルダンと引き分け以上なら自力で首位通過が決まるが、イラクがパレスチナに勝つと仮定すると、2点差以上での敗戦なら敗退。点を取ったうえでの1点差負けでも準々決勝進出が決まるが、0-1の場合はイラクのスコア次第で敗退の可能性がある。


▼関連リンク
アジア杯2015特集


TOP