beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

対照的なハグ…内田はノイアーと祝福、ペップは第4審判に拒否される

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.3 ブンデスリーガ第19節 バイエルン1-1シャルケ]

 ブンデスリーガの第19節が3日に行われ、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケは、首位バイエルンと敵地で対戦し、1-1で引き分けた。後半22分にFWアリエン・ロッベンに先制点を許したが、同27分にDFベネディクト・ヘーベデスのヘディング弾で同点に追いついた。なお、この試合で内田はブンデスリーガ通算100試合出場を達成している。

 試合後には微笑ましいシーンも見られた。前シャルケ所属で、普段から仲の良さが伝えられるドイツ代表GKマヌエル・ノイアーと内田。試合前から健闘を誓い合っていたが、試合後には内田の100試合出場を祝うかのように、二人で抱き合いながら会話をかわした。

 そしてもう1つ、ハグで注目を集めたシーンがあった。バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が、ロッベンの先制点の場面で、近くにいた第4審判にハグを求めに行ったのだ。しかし第4審判はこれを拒否。これは前半から退場者を出すなど、判定にイライラを募らせていた同監督の抵抗だったが、あえなく交わされた格好だ。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

TOP