beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏が10人となった仙台に土壇場で追い付き、勝ち点1を分ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.13 J1第1ステージ第2節 柏1-1仙台 柏]

 J1は13日、第2節の1試合を行い、柏レイソルベガルタ仙台が対戦した。開幕戦をともに白星で飾った両チームの対戦は、前半31分に昨シーズンまで柏に在籍していたDF渡部博文のゴールで仙台が先制する。後半31分にはFWハモン・ロペスが退場となると、ここから柏は一気に仙台ゴールに迫り、後半45分にDF鈴木大輔が同点ゴールを決めて追いついた。試合はこのまま1-1で終了。両チーム勝ち点1を分け合っている。

 柏は開幕戦の神戸戦(1-0)から2人を変更。MF武富孝介とFWレアンドロがメンバーを外れ、MF太田徹郎、MF栗澤僚一が先発に名を連ねた。一方の仙台は、山形戦(2-0)から先発を一人変更。出場停止のMF野沢拓也に代わり、FW金園英学が先発入り。前節途中出場から2ゴールを挙げたFWウィルソンは、この日もベンチスタートとなっている。
[スタメン&布陣はコチラ]

 立ち上がり、ポゼッションで上回る柏は、前半8分にPA内に飛び出したMF大谷秀和にスルーパスが出るが、わずかに合わない。対する仙台も同11分、FWハモン・ロペスが高い位置でボールを奪い、ドリブルでゴールに迫ったが、シュートはミートできずに右へ逸れて行った。その直後にもMF奥埜博亮のクロスに金園がヘッドで合わせたが、GK菅野孝憲にキャッチされている。

 前半17分には大谷がPA内中央に走り込んだMF太田徹郎にパスを通したが、シュートはDFにブロックされた。仙台は24分にMF梁勇基のCKからハモン・ロペスがヘッドでゴールを狙うも左に逸れて行った。

 先に均衡を破ったのは、アウェーの仙台だった。前半31分、右SB菅井直樹のクロスがブロックされてCKを得ると、梁勇基のCKからハモン・ロペスが後ろに流したボールを渡部が右足でゴールに決めて1点をリードした。

 1点を追う柏は前半44分に左寄りの位置でFKを得る。ゴール前の混戦から浮いたボールにDF鈴木大輔がオーバーヘッドでシュートしようとしたが、先にボールをクリアーした菅井の顔面を蹴ってしまい、イエローカードが提示された。このまま前半はアウェーの仙台が1点リードで折り返した。

 柏は後半の開始から増嶋を下げて、DFエドゥアルドを投入する。後半8分には右サイドでボールを持ったハモン・ロペスから金園にスルーパスが出るが、懸命な戻りを見せたDFに体を入れられてシュートは打てなかった。同11分にも仙台は左サイドでスローインを受けたハモン・ロペスの折り返しから金園が左足でゴールを狙ったが、DF輪湖直樹にブロックされる。ゴールを守った輪湖だが、このプレーで足を負傷し、DF山中亮輔と交代した。

 押し込まれる時間帯の続いた柏も、後半20分にチャンスをつくる。低い位置に降りたMF茨田陽生からのロングボールが左サイドを上がった山中に通る。山中がゴール前に折り返したボールに工藤が飛び込んだが、ヘッドはクロスバーを越えて行った。仙台は24分にも波状攻撃を見せて、こぼれ球を拾った奥埜がPA内でフリーになりシュートを放ったが、GK菅野がパンチングで弾き返した。

 後半25分に柏は栗澤を下げ、最後の交代枠でFW大津祐樹を投入した。攻勢をかける柏に対し、仙台は31分にハモン・ロペスが2枚目のイエローカードを受けて退場となる。さらに同36分には奥埜が負傷し、DF蜂須賀孝治と交代になる。仙台を押し込む柏は40分に右サイドから仕掛け、太田がゴールを狙ったがGK関憲太郎の好守に阻まれる。

 いよいよ後がなくなった柏だったが、後半45分に右サイドからクロスを入れると、GK関が落としたところに詰めていたDF鈴木大輔がゴールに押し込み、試合を振り出しに戻した。その後も攻めたてた柏は、アディショナルタイムに大津の落としを受けた太田がゴールを狙ったが、枠を捉えられない。その後も柏は逆転ゴールを目指したが、1-1で試合は終了した。

(取材・文 河合拓)


TOP