beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

R・シルバが圧巻パフォーマンス、新潟が柏に競り勝ち今季初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.22 J1第3節 新潟3-2柏 デンカS]

 アルビレックス新潟がホームで柏レイソルに3-2で競り勝った。今季初勝利の新潟は1勝1分1敗。初黒星を喫した柏も1勝1分1敗になった。

 試合は後半に大きく動いた。まずは柏が後半5分、カウンターからMF武富孝介がコントロール。DF2人の間を抜いてエリア内に侵入すると、横パスを選択。走り込んだFWクリスティアーノが押し込み先制に成功した。

 ただ直後に新潟は試合を振り出しに戻す。後半10分、エリア内でFWラファエル・シルバがMF茨田陽生に倒されPKを獲得。これをMFレオ・シルバがきっちり蹴り込み、同点とした。さらに新潟は同14分、R・シルバのスルーパスに反応したMF山本康裕が左足で押し込み、一気の逆転にも成功した。

 そしてトドメは後半24分、今度はDF小泉慶のスルーパスを受けたR・シルバが左足で豪快にゴールネットを揺らす。同26分にDF輪湖直樹に17日のACL山東魯能戦に続く公式戦2戦連続ゴールを奪われ1点差とされたが、同点に追いつかれることはなかった。

 ナビスコ杯を含め新潟は今季初勝利。10番R・シルバは1G1AにPK獲得と、3得点すべてに絡む圧巻のパフォーマンスを見せた。柳下正明監督も「かなりいい選手」と評価。「もともと能力は高かったが、昨年、途中で来た時はその能力を出せていなかった。今季はキャンプからやれている。もともと持っているものが戻ってきた。多分もっと良くなる」と更なる活躍に期待を寄せた。

 競り負けた柏は今季公式戦初黒星となった。ただ吉田達磨監督はACLとの過密日程の影響を言い訳にはしなかった。「それよりもデーゲームの対応を気にしていた。前半からリズムを作れなかった」と反省すると、「まず1週間空く。これまでじっくりトレーニングできる機会がなかったので、今日の反省も含め、みっちりやりたい」と話した。


▼関連リンク
[J1]第1ステージ第3節 スコア速報


TOP