beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ハリルジャパン、白星発進!!岡崎&本田のゴールで初陣飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.27 キリンチャレンジ杯 日本2-0チュニジア 大銀ド]

 ハリルジャパンが白星発進――。日本代表は27日、キリンチャレンジ杯でチュニジア代表と対戦し、2-0で勝った。バヒド・ハリルホジッチ監督就任後初戦となった一戦は後半33分にFW岡崎慎司、同38分にFW本田圭佑がゴール。後半途中から出場した2人の得点で新監督の初陣を制した。

 FW川又堅碁、DF藤春廣輝が先発でA代表デビューを果たしたハリルジャパン初陣。システムは4-2-3-1で、GK権田修一が13年7月25日の東アジア杯・オーストラリア戦(3-2)以来、約1年8か月ぶり3度目の先発でゴールを守った。4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF槙野智章、藤春。酒井宏は昨年9月5日のウルグアイ戦(0-2)以来、槙野は13年7月28日の東アジア杯・韓国戦(2-1)以来の先発となった(槙野は13年9月10日のガーナ戦でも途中出場している)。
 中盤はMF長谷部誠とMF山口蛍のダブルボランチで、トップ下にMF清武弘嗣。山口はブラジルW杯以来の出場で、1月のアジア杯で3試合に途中出場した清武も先発は13年11月19日のベルギー戦(3-2)以来となった。前線は右にFW永井謙佑、左にFW武藤嘉紀が入り、センターフォワードは代表デビューの川又。永井は10年1月6日のイエメン戦以来の出場で、国際Aマッチ初先発となった。[スタメン&布陣はコチラ]

 日本は前半2分、右45度の位置でFKを獲得すると、代表デビュー戦の藤春がキッカーを務めたが、左足でゴール前に入れたボールは相手DFにクリアされた。同12分には長谷部の縦パスを永井がワンタッチで流し、清武に渡る。清武は右サイドからアーリークロスを入れるが、ゴール前で競った川又がファウルを取られた。縦への意識を強く持つ日本は前半21分にもボランチの山口が縦パス。永井がスルーしたところに武藤が走り込んだが、相手DFにつぶされ、なかなかフィニッシュまで持ち込めない展開が続いた。

 最初の決定機は前半22分。清武の左CKに川又が打点の高いヘディングで合わせたが、クロスバーを直撃する。同25分にも清武の右FKからチャンスをつくるが、吉田が右足で合わせようとしたキックはミートできず、こぼれ球をエリア外から狙った藤春の右足シュートも大きくゴール上に外れた。

 前半29分には酒井宏のワンタッチの縦パスを永井がダイレクトでつなぎ、川又にボールが渡る。川又は得意の左足に持ち替えてPA内へ切れ込もうとしたが、DFにつぶされ、シュートは打てなかった。ゴール前で強さを見せるチュニジアの堅い守備をこじ開けられず、前半はスコアレスで折り返したが、少ないタッチ数で縦に速く攻めるというトレーニングでやってきた形を表現しようとする選手たちの意識は見えた45分間だった。

 後半も0-0のまま推移すると、ハリルホジッチ監督が動く。後半15分、清武と永井に代えてMF香川真司、FW本田圭佑を投入。香川はトップ下、本田が右サイドに入った。すると同21分、本田の右CKにファーサイドから飛び込んだ吉田がダイビングヘッドで合わせ、ゴールネットを揺らすも、ニアサイドの競り合いで日本のファウルを取られ、ノーゴール。直後の22分には山口が左前方に展開したボールを藤春がワンタッチで中央に落とし、川又が左足ダイレクトで狙ったが、ゴール左に外れた。

 1点が遠い日本は後半27分、さらに2人を交代。武藤、川又に代わってFW宇佐美貴史、FW岡崎慎司が入り、宇佐美はA代表デビューとなった。後半32分、カウンターから香川のスルーパスに抜け出した本田が左サイドをドリブルで独走。そのままクロスを上げたが、ファーサイドに走り込んだ岡崎のトラップは大きくなり、DFにクリアされた。

 それでも直後の後半33分、中央でボールを受けた香川がドリブルで切れ込み、左サイドのスペースに展開。本田がダイレクトでゴール前に折り返すと、ファーサイドの岡崎がヘディングで合わせ、ついにゴールネットを揺らした。

 ハリルジャパン第1号ゴールは岡崎の国際Aマッチ42ゴール目。さらに後半38分には岡崎のスルーパスに抜け出した香川がPA内左からクロス性のシュート。GKが前に弾いたボールを本田が左足で押し込み、2-0とリードを広げた。途中出場でピッチに入った香川、本田、岡崎の3人の連係で奪った2ゴール。ハリルホジッチ監督は後半39分、酒井宏と山口に代えてDF内田篤人、MF今野泰幸を投入し、6枚の交代枠を使い切った。

 後半41分、香川の強烈な右足ミドルはGKがセーブ。同44分には香川の絶妙なスルーパスに宇佐美が抜け出し、決定機を迎えたが、右足で狙い澄ましたシュートは右ポストを叩いた。頭を抱えてピッチに倒れ込む宇佐美。デビュー戦ゴールはならなかった。試合はそのままタイムアップを迎え、2-0の完封勝利。初陣を白星で飾ったハリルジャパンは今後、31日に味の素スタジアムでウズベキスタン代表と対戦する。

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
本田、ハリル監督の手腕に感嘆…途中出場で1G1Aに「それも監督の質」
ハリルJ初陣で2発演出の香川「勝ち切ったことが大事」
27歳バースデー出場の内田「吉田からプレゼントが届いてない」
“リアリスト”ハリル監督との共鳴を強調する内田
ハリルJ第1号はザックJでも初陣ゴールの岡崎
先発デビューの藤春「本田さんの言葉が大きかった」
ポスト直撃でデビュー弾ならず…宇佐美「決まってない。それがすべて」
1年半ぶり出場の槙野 “CBとしての第一歩”に手応え
山口蛍「生き残るためには監督の要求にもっと応えないと」
クロスバー直撃のヘッドも…先発デビューの川又「惜しいのは意味ない」
初陣に満足感を示すハリル監督「道を見せた」
監督会見


TOP