beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J2未勝利は大分だけに…群馬、栃木、水戸、福岡が初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
 J2は29日、第4節を各地で行った。ここまで未勝利だったチームが次々と勝ち点3を挙げた。

 未勝利チームで最上位にいたザスパクサツ群馬は敵地でギラヴァンツ北九州と対戦。後半2分にFW江坂任が今季2点目を決めて勝利に導いた。江坂は試合後のインタビューで、「何としても勝ち点3が欲しかった。勝てて良かった」と喜んだ。

 ホームで徳島ヴォルティスと対戦した栃木SCは、前半21分にFW河本明人のゴールで先制。後半44分にFW阪野豊史の移籍後初ゴールで突き放すと、徳島の反撃を後半アディショナルタイムの1点にとどめた。

 21位の水戸ホーリーホックはホームで愛媛FCと対戦。前半18分にFW三島康平の右足弾で先制すると、同32分にDF新里亮のヘディング弾で加点。後半9分にFW馬場賢治が勝利を決定づける3点目を突き刺し、3-1で逃げ切った。

 3連敗と最下位に沈んでいたアビスパ福岡はホームでロアッソ熊本と対戦。後半2分にセットプレーからDF濱田水輝が決勝点を挙げて1-0で勝利。3試合で7失点していた課題の守備陣も初の無失点と踏ん張った。

 唯一、未勝利を抜け出せなかったのは大分トリニータ。敵地でジュビロ磐田と対戦すると、1-1で迎えた後半42分に、MF小林祐希に直接FKを決められ、競り負けた。1分3敗で勝ち点1のままの大分が最下位に転落している。


TOP