beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

カズ、フォルラン競演マッチはC大阪が2発快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.29 J2第4節 C大阪2-0横浜FC ヤンマー]

 セレッソ大阪がホームで横浜FCを2-0で下した。C大阪は2勝目を挙げて4戦無敗。横浜FCは今季初黒星を喫している。

 ウルグアイの英雄フォルランと日本のレジェンド三浦知良がともに先発出場して注目を集めた一戦。出場すればJ最年長出場記録更新となるカズは、2試合ぶりの先発出場となった。しかしカズは前半早々に接触プレーで左目じり付近を裂傷。前半は頭部にテーピングを巻いてのプレーとなった。

 先制のチャンスは前半39分にやってきた。C大阪はエリア内でフォルランが倒されPKを獲得。しかし、これをフォルランが自ら蹴るが、GK南雄太に完全に読まれ、スコアを動かすことは出来なかった。

 しかし後半15分、先制点はやはりC大阪に生まれる。左サイドからDF丸橋祐介がクロスを入れると、MF長谷川アーリアジャスールが左足で蹴り込む。グラウンダーのシュートは横浜FC守備陣の間をスルスルと抜け、ゴールネットに収まった。「マルがいいボールを出してくれた」と感謝した長谷川。「ここホームで点を取ったことがなかったのでうれしい」と喜んだ。

 勝利を決定づけたのは後半26分、左サイドからフォルランがクロスを上げると、ニアに走り込んだMFパブロが足を目いっぱい伸ばして合わせる。ワールドクラスのホットラインでC大阪に勝ち点3をもたらした。

 なお、カズは後半12分まで出場。フォルランは後半36分で退いた。



TOP