beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

挑発に暴力行為…大宮、観客1名に無期限入場禁止処分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 大宮アルディージャは15日、観客1名に対して無期限入場禁止処分を科す決定を下したと発表した。

 問題があったのは3月21日のJ2第3節の京都サンガF.C.戦後で、大宮の応援エリアで観戦していた観客1名が、試合終了後にスタジアム外の通行路において、京都側の観客を挑発。さらにそれを止めに入った観客1名に対し、暴力行為を働いた。暴力行為を行った観客はその後、所轄警察により事情聴取を受けていた。

 クラブはJリーグ統一禁止事項および大宮の試合運営管理規定で禁止されている行為に違反したと判断。ホームゲーム無期限入場禁止、そしてその間のアウェーゲーム、非主管試合(天皇杯等)も含めたすべての試合で入場禁止処分を科すことを決定した。


Jリーグアクセスランキング

もっと見る
もっと見る

TOP