beaconbeacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FCは中里の直接FK弾で東京Vに競り勝ち、4戦無敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.29 J2第10節 東京V0-1横浜FC 味スタ]

 J2は29日、第10節を各地で行い、味の素スタジアムでは東京ヴェルディ横浜FCが対戦した。後半39分にMF中里崇宏が直接FKを決めた横浜FCが1-0で勝利している。FW三浦知良はベンチ外となり、スタンドで試合を観戦。中里のFKが決まった瞬間には「ブラボー!」とゴールを喜んだ。

 中2日の連戦ということもあり、両チームともに多くのメンバーを変更。東京Vは、MF田村直也が今シーズン初先発。FW高木大輔が8試合ぶり、FW平本一樹が2試合ぶりに、それぞれスタメン入りした。一方の横浜FCでは、DF永田拓也とMF野村直輝が今シーズン初先発、MF佐藤謙介が2試合ぶり、FW黒津勝が5試合ぶりにスタメンに名を連ねた。
[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤は両チームともに歯車がかみ合わない。先にチャンスをつくり始めたのは、横浜FCだった。前半17分に左サイドから佐藤が上げたクロスにMF寺田紳一が左足のボレーで合わせるが、左に逸れて行く。さらに18分にも野村のクロスからMF中里崇宏が右足でゴールを狙ったが、枠を捉えられない。

 なかなかボールを運べなかった東京Vは、25分にMF安田晃大がミドルシュートを放つが、GK南雄太に防がれる。攻勢だった横浜FCだが、27分に黒津が負傷し、FW大久保哲哉との交代を強いられた。

 アクシデントに見舞われた横浜FCだが、40分にビッグチャンスを迎える。佐藤が最終ラインの裏に蹴ったボールに小池が反応。PA内にボールを運び、寺田にパス。寺田のシュートがDFにブロックされて跳ね返ったところを野村がシュートしたが、これはGK佐藤優也に防がれて得点を挙げることはできなかった。このまま前半はスコアレスで折り返す。

 後半の立ち上がり、横浜FCが押し込む時間帯が続く。6分にはPA外にこぼれたボールを佐藤がダイレクトでシュートしたが、右に外れて行く。同8分には右サイドでドリブルした小池が倒されてFKを獲得。ゴール前にクロスを放り込んだが、大久保にわずかに合わずに得点を挙げられない。

 東京Vは11分、高木を下げてMF中後雅喜を投入する。その直後、横浜FCは左から永田が上げたクロスにボランチの中里がPA内でヘッドで合わせたが、シュートはGKに防がれる。東京Vは22分にもブルーノを下げて、MF永井秀樹を起用する。横浜FCも25分に野村を下げ、MF小野瀬康介をピッチに送り出した。

 後半31分に東京Vは安田を下げて、MF澤井直人を起用、交代カードを使い切った。両チーム、攻め切れない時間が続く中で37分に横浜FCは寺田がPAのすぐ外で倒され、直接FKを得る。これを中里が左足で直接決めて、横浜FCが1点をリードした。

 後半40分に横浜FCも最後の交代枠で佐藤を下げ、MF内田智也を起用した。反撃に出る東京Vも44分、CKの2次攻撃からFWアラン・ピニェイロが後ろから来たボールをダイレクトシュート。ボールはクロスバーを叩き、同点に追い付けなかった。このまま試合は終了し、アウェーの横浜FCが1-0で勝利している。

(取材・文 河合拓)



TOP