beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

喪章を巻いて戦った北九州、柱谷監督「勝てて本当に良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.24 J2第15節 千葉 1-3 北九州 フクアリ]

 3-1で勝利を収めたギラヴァンツ北九州柱谷幸一監督は「何より勝てたことが一番の成果だと思います」と胸をなで下ろした。4試合ぶりの得点、4試合ぶりの白星に喜びを表すのは当然だろうが、北九州はある一つの思いを胸にこの試合を戦っていた。

 序盤こそ千葉にリズムを作られながらも、前半13分にカウンターを発動させると最後はFW小松塁がヘディングで叩き込んで、先制点をもたらした。さらに後半2分にはMF小手川宏基がネットを揺らし、同7分には小松が自身2点目を流し込んで3点のリードを奪う。その後、千葉に1点を返されながらも逃げ切りに成功して3-1の勝利を収めている。

「ファーストチャンスでしっかり決められたことと、後半のスタートのところで2点目、3点目が生まれて3-0にできたのが良かったと思います。1失点してしまったのは残念ですが、選手たちが最後まで粘り強く戦ってくれたので、勝ち点3を取れたと思う」

 この試合、北九州の選手の右腕には喪章が巻かれていた。柱谷監督は「ギラヴァンツの応援歌を作っていただいていた大内(義昭)さんが2日前に亡くなられて、ロッカールームで黙祷をし、喪章を巻いてゲームに入りました」と説明。そして、「大内さんのためにも勝利をということでしたので、勝てて本当に良かったと思います」と感慨深げに話した。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J2]第15節 スコア速報


Jリーグアクセスランキング

もっと見る
もっと見る

TOP