beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

群馬が磐田に続き千葉撃破!! 誕生日に2発のFW江坂「持ってますね」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.31 J2第16節 群馬 2-0 千葉 正田スタ]

 J2は31日、第16節を行い、正田醤油スタジアム群馬では15位のザスパクサツ群馬と4位のジェフユナイテッド千葉が対戦し、群馬が2-0の完封勝利を収めた。

 強い風が吹く中で行われた試合は、風上に立つ群馬が前半11分、MF松下裕樹がロングシュートでゴールを脅かしたが、ボールは枠上に外れた。両チームがなかなかシュートチャンスを作れずに迎えた同24分、FW森本貴幸が2度目の警告を受けて退場し、千葉は数的不利に陥ってしまう。数的優位に立った群馬が主導権を握って試合を進めるものの、同45分のFWオリベイラのミドルシュートがGK高木駿に弾き出されるなど、千葉の守備を崩し切れないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

 スコアレスのまま後半を迎えると風上に立った千葉が同8分、MF田代真一の落としからFWネイツ・ペチュニクがシュートまで持ち込むがGK富居大樹の守備範囲に飛んでしまう。そして、後半11分に群馬がついに先制に成功する。右サイドからオリベイラが上げたクロスをFW江坂任が流し込んで、スコアを1-0とした。

 さらに後半15分には左サイドを駆け上がったDF小林亮が送ったグラウンダーのクロスに反応した江坂が、相手マークを外してスライディングで流し込みリードを2点差に広げる。その後、群馬に追加点こそ生まれなかったものの、千葉の反撃をしのいで2-0のまま逃げ切った。前節の磐田に続き、上位チームを下した群馬は今季2度目の2連勝を飾り、一方の千葉は3試合白星なしとなっている。

 2得点を奪って勝利の立役者となった江坂は、この日が23歳の誕生日。試合後には「持ってますね」と、チームの勝利と2発のバースデー弾に笑顔を爆発させると、「これで終わるのではなく、これからもザスパのために勝利につながるゴールを取っていきたいと思います」と力強く語った。


▼関連リンク
[J2]第16節1日目 スコア速報


TOP