beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

自身初の2ケタ得点達成!! 熊本FW齊藤「もっと得点を積み重ねたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.26 J2第26節 千葉 2-3 熊本 フクアリ]

 これぞ点取り屋という働きを披露した。チームにチャンスが多かったわけではない。自身のシュート数も3本だったが、ロアッソ熊本FW齊藤和樹はその内の2本をゴールへと結び付けた。

 まずは前半30分。DF黒木晃平が自陣から前線へとロングボールを送ると、DF富澤清太郎の背後へと走り込んだ齊藤の下へとボールは届いた。飛び出してくるGK高木駿をワンタッチでかわすと、追走してくるDF富澤清太郎を振り切ってきっちりと先制点を流し込んだ。「相手がかぶったと思った瞬間に走り出しました。相手が僕を見えていなかったかもしれませんが、ああいうボールを狙っていました」。

 そして、後半13分には追加点を奪取する。GKシュミット・ダニエルが蹴り出したゴールキックはピタリと齊藤へと送られる。寄せてきた高木をワンフェイントでかわすと、無人のゴールへと流し込んで自身2点目を記録した。

「ピンポイントでボールが来て、いいところに止められました。GKが出てきましたが、落ち着いて一つフェイントを入れられたのが良かったですね。2点とも崩してはいませんが自分らしいゴールだったかなと思います。自分としては五分五分のボールは得意なので、いつも狙っています」

 この日の2得点で今季の通算得点は11に。自身初の2ケタゴールに「ずっと狙っていたのでうれしいです」と笑顔を見せながらも、すぐさま表情を引き締めた。「ただ、まだ試合がかなり残っています。コンスタントに得点することが勝利や勝ち点につながってくると思うので、もっと得点を積み重ねていきたい」。2ケタはあくまで通過点。熊本の背番号17はどん欲にゴールを狙い続ける。


(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J2]第26節 スコア速報


TOP