beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「NISSHO CUP 2015」は初芝橋本をPK戦の末に下した鹿児島城西が優勝!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 全国の強豪16校が優勝を争い「NISSHO CUP 2015」が11日から13日まで宮崎県内で開催され、決勝戦で鹿児島城西高(鹿児島)と初芝橋本高(和歌山)が対戦。3-3で突入したPK戦を4-2で制した鹿児島城西が優勝を飾った。

 予選リーグの各パートで1位となった鹿児島城西、初芝橋本、大分トリニータU-18(大分)、九州国際大付高(福岡)が準決勝へ進出。準決勝は鹿児島城西が大分U-18を2-1で下し、初芝橋本は九州国際大付をPK戦の末に退けていた。

 なお、各パート3位までの12チームとシード権争奪戦で勝利した広島国際学院高(広島)と長崎南山高(長崎)の計14チームが来年度大会のシード出場権を獲得している。

【決勝】
鹿児島城西高 3-3(PK4-2)初芝橋本高

【3位決定戦】
大分トリニータU-18 1-1(PK5-4)九州国際大付高

【準決勝】
鹿児島城西高 2-1 大分トリニータU-18
初芝橋本高 0-0(PK戦で初芝橋本勝ち)九州国際大付高

【予選リーグ】
[Aパート]
1.初芝橋本高(12)+11
2.日章学園高(8)+11
3.塩田工高(2)-18
4.広島国際学院高(1)-7

[Bパート]
1.鹿児島城西高(8)+5
2.飛龍高(8)+3
3.中津東高(4)-4
4.高知商高(4)-4

[Cパート]
1.大分トリニータU-18(10)+3
2.興國高(9)+10
3.香川西高(4)-3
4.長崎南山高(0)-10

[Dパート]
1.九州国際大付高(6)+1
2.都城工高(5)0
3.ファジアーノ岡山U-18(5)0
4.三田学園高(4)-1

【シード権争奪戦】
広島国際学院高 1-1(PK4-2)三田学園高
長崎南山高 1-1(PK4-2)高知商高


TOP