beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ミズノカップU-18IN熊本]選手権予選10連覇狙う香川西、守備から速いサッカー徹底して三好に競り勝つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.14 ミズノカップU-18IN熊本サバイバルマッチ 香川西高 1-0 三好高 大津町総合運動公園多目的広場]

 選手権での10年連続全国大会出場を狙う香川西高(香川)と今年の総体予選愛知8強の三好高(愛知)との一戦は、FW伊藤悠馬の決勝ゴールによって香川西が1-0で勝った。

 予選大会に当たる「ミズノグローイングアップリーグin黒潮・宿毛2015」で優勝した三好は前半から意欲的なサッカー。中盤でMF安藤幹也がボールを引っ掛けると、MF井上雄斗やFW鈴木涼也のキープ力を活かした攻撃やCB長谷川晃希の左足セットプレーなどからゴールを狙う。だが、MF吉良朋紀が「相手はFWがキープ力あったけれど、CBがきょう凄く調子よくて結構止めていたと思います」と振り返ったようにCB藤元将平とCB飛田竣吾の両DFが相手の勢いを食い止める香川西は高い位置でのインターセプトからチャンスにつなげる。

 好調を持続しているという1年生の右MF西村宙と同じく1年生で鋭い出足が光った左MF本田功輝、そして俊足FW蓮井翔がサイドから得点機をつくり出すと前半アディショナルタイム、香川西は速攻から本田がスルーパス。これでPAへ侵入した伊藤がDFを強引に剥がすと、GKとの1対1から右足で決勝ゴールを決めた。

 リードを奪ったことで守備に余裕ができた香川西はセカンドボールの攻防でMF吉良朋紀が存在感を発揮するなど三好の反撃を封じ切って1-0で勝利。吉良は「守備面では球際と攻守の切り替えが凄く良かった」と納得していた。

 香川の名門・香川西は今年、総体予選準決勝でPK戦敗退。4年連続で総体出場を逃す結果となったが、9連覇中の選手権予選を落とすわけにはいかない。「選手権は絶対に取りに行きたい」と意気込んだ吉良が「(夏までは)徹底するところをしっかりできなかった。今回の遠征では(大浦)監督から言われていることを徹底してやるだけ。外からしっかりつないでいく。そして守備から速いサッカーを徹底していく」と話すように、選手たちはやるべきことを徹底して選手権での結果に繋げる構えだ。今大会では真剣勝負の中で精度とスピードの向上に努めるながら結果も手にする。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
ミズノカップU-18IN熊本特設ページ


TOP