beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League優秀選手]帝京三DF菊地開世「自分の負けん気が賞を取ることに繋がったのは良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 関東・静岡の強豪18校の1年生がリーグ戦を通して成長を目指す「2015 Rookie League」は6日、全日程を終え、閉会式で出場18チームの優秀選手が発表された。A Group10位の帝京三高からはDF菊地開世が選出された。

以下、菊池コメント
帝京三高DF菊地開世
―「Rookie League」で出せたところ、評価されたと思うところを教えてください
「今回は自分を思う存分に大会で出し切れたというのがありました。特に自分の負けん気がこういう素晴らしい賞を取ることに繋がったのは良かったと思います」

―「Rookie League」を通してチームが成長したと感じる部分は?
「チームとしては全体的に他のチームに劣っている分、どれだけ数的優位をつくって戦えるかということにこの半年間取り組んできたのが、最後の3節くらいからようやく実を結んできたのかなと思います」

―今後の目標を教えてください
「今後の目標では選手権でいち早くメンバーに入ることと、チームではこの学年で2年後、3年生になった時に選手権に出ることはもちろん、チームでまだ成し遂げていないベスト8の壁を打ち破ることです」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2015 Rookie League特集ページ


TOP