beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League優秀選手]静岡学園MF渡井理己「サッカーでも、日常の生活でも引っ張っていけるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 関東・静岡の強豪18校の1年生がリーグ戦を通して成長を目指す「2015 Rookie League」は6日、全日程を終え、閉会式で出場18チームの優秀選手が発表された。A Group3位の静岡学園高からはMF渡井理己が選出された。

以下、渡井コメント
静岡学園高MF渡井理己
―「Rookie League」で出せたところ、評価されたと思うところを教えてください
「今大会は点取れるトップ下を目標にしてきて、自分のドリブルでそういう場面を演出したり、点を取ることができたりしたところがいいところだったと思います」

―「Rookie League」を通してチームが成長したと感じる部分は?
「前半に悪かった時にも後半に自分たちで修正して、後半で点を取ったりすることができて守備を安定させてできたところが良かった」

―U-16日本代表に選ばれて意識が変わったのでは?
「周りよりも、行動とかすべてに関して、サッカーでも、日常の生活でも引っ張っていけるようにという意識にどんどん変わっていきました」

―今後の目標を教えてください
「今後はどんどん点を取っていって、静学サッカーで周りを沸かせられるようにチームになれるようにやっていきたいです」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2015 Rookie League特集ページ


TOP