beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ゴールにパスするだけでした」札幌MF小野が待望の移籍後初ゴール!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[10.4 J2第35節 東京V 0-2 札幌 味スタ]

 J2は4日、第35節を行い、味の素スタジアムでは東京ヴェルディとコンサドーレ札幌が対戦し、札幌が2-0の完封勝利を収めた。東京Vはプレーオフ圏内を守っているものの、ここ4試合得点ゼロの1分3敗で足踏みが続いている。

 札幌MF小野伸二の待望の移籍後初ゴールで試合が動いた。前半33分、MF前貴之の縦パスから抜け出したFWナザリトがボールキープで味方の攻め上がりを促すと、後方から攻め上がった小野がボールを呼び込む。

 フリーでボールを受けた小野は右足でコントロールすると、左足で狙いすましたシュートを放つ。「ナザからいい落としが来て、ファーストタッチもいいところについたので、あとはゴールにパスをするだけでした」。ボールは横っ飛びしたGK佐藤優也に触れられることなくゴールネットを揺らした。

 1-0とリードを奪ったまま後半を迎えた札幌は、試合終盤の後半42分、左サイドを突破したMF荒野拓馬のグラウンダーのクロスからMF上里一将が蹴り込んで、2-0の完封勝利を収めた。

 昨季開幕前に札幌に加入した小野は初年度に7試合出場し、今季はこの試合までに9試合に出場していた。加入後17試合目にして生まれた移籍後初ゴールに「長い期間でしたがやっと決められて、試合に勝てたことがすごくうれしいです」と喜びを表した。


▼関連リンク
[J2]第35節 スコア速報


Jリーグアクセスランキング

もっと見る
もっと見る

TOP