beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユーベ早くも昨季上回る4敗目…ローマ快勝、ナポリはイグアインの3戦連発で5連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
 セリエAは28日、第10節を各地で行った。王者・ユベントスは敵地でサッスオーロと対戦。しかし前半20分にFWニコラ・サンソーネに直接FKを決められ先制を許すと、同39分にはDFジョルジョ・キエッリーニが2枚目の警告を受けて退場。最後まで歯車が噛み合わなかったユベントスは、0-1で敗れ、昨季を越える4敗目を喫した。サッスオーロは勝ち点を18に伸ばして5位に浮上した。

 前節首位に立ったローマは、ホームでウディネーゼと対戦。前半4分にMFミラレム・ピャニッチ、同9分にはDFマイコンが立て続けにゴールネットを揺らして主導権を握ると、後半18分にはFWジェルビーニョが3点目。ウディネーゼの反撃を1点にしのぎ、3-1で勝利。5連勝で首位をキープした。

 パレルモとホームで対戦したナポリは、前半39分にFWゴンサロ・イグアインの3戦連発となる今季8点目で先制。後半35分には途中出場のFWドリース・メルテンスが加点し、2-0で勝利。こちらも5連勝を決めて、2位をキープした。

 フィオレンティーナは敵地でベローナに2-0で快勝。3戦ぶりの勝利で、上位争いに踏みとどまった。ラツィオは敵地でアタランタに1-2で逆転負け。5位に転落した。アタランタが7位に浮上している。

 本田圭佑の所属するミランは、2連勝で8位に順位を上げた。5試合ぶりの勝利を挙げた長友佑都の所属するインテルは、2位をキープしている。

 第11節は10月31日、11月1日に行われる。


●セリエA2015-16特集


TOP