beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安飛び級!G大阪がユースから4選手の昇格を発表!U-23チーム編成に向け着々

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ガンバ大阪は24日、ガンバ大阪ユースに所属する4選手と仮契約を結んだことを発表した。来季よりトップチームに昇格するのは、(写真左から)DF初瀬亮(18)、MF市丸瑞希(18)、MF堂安律(17)、FW高木彰人(18)の4人。いずれの選手もG大阪のジュニアユースからユースを経て、トップチーム昇格を勝ち取った。現在高校2年生の堂安は飛び級昇格となる。

 Jリーグは来季より、「U-23チーム」のJ3参加を認める決定をしている。来季は最大4チームが認められることになっており、G大阪も参加を検討しているとみられている。G大阪はすでに高校選手権に出場する大津高(熊本)の注目FW一美和成(3年)とDF野田裕喜(3年)のW獲りにも成功しているが、またも大きな“戦力アップ”に成功した。

以下、4選手コメント
●初瀬
「サッカーを始めた時からの夢であったプロサッカー選手に、このガンバ大阪でトップ昇格できたことを非常に嬉しく思います。今まで支えてくださった家族、監督、コーチ、チームメイト、サポーターに感謝したいと思います。自分のポジションには代表選手がいますが、1年目からポジション争いに食い込めるように、全力で頑張りたいと思います」

●市丸
「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手になれてうれしく思います。プロになる以上、年齢は関係ないので1年目からチームに貢献できるように頑張っていきます。今まで支えてくれたたくさんの人に感謝し、その気持ちを忘れずにやっていきます」

●堂安
「仮契約でき、とても嬉しく思います。これからも満足せず一刻も早く新スタジアムで活躍できるよう日々努力していきたいと思います」

●高木
「子供の頃から夢だった、プロサッカー選手になれて嬉しく思います。ガンバ大阪の一員としてプレーできることがとても楽しみです。これまで支えてきてくれた方々に感謝の気持ちを忘れず1日1日が勝負だと思い、少しでも早くガンバ大阪の勝利に貢献できるよう、日々の練習から取り組んでいきます。応援よろしくお願いします」

●2016年Jリーグ移籍情報


TOP